過払い請求をするとブラックリストに掲載される?

main-img

過払い請求を躊躇する人によく見られる疑問となっているのが「過払い請求をするとブラックリストに掲載されるのではないか」ということです。特に現在や今後借金をすることを考えている人にとって、ブラックリストに掲載されることは避けたいこととなるでしょう。

過払い金の情報ならこちらを参考にしてください。

ただ実際のところどうなのかと言われると、これは過払い請求が金融事故として扱われるケースと扱われないケースがあります。


まず扱われないケースについては「すでに完済した借金について過払い請求をする」というケースが該当します。
かつてはこの場合でも金融事故扱いを受けていたのですが、金融庁は払いすぎたお金を返してもらうのは正当な権利であり金融事故として扱うのは適当では無いという結論を出しており、信用情報機関もその結論に従っています。

ガジェット通信の情報サイトを利用して良かった。

そのためすでに借金を完済しているということであれば特に気にせずに手続きに入って問題ありません。

では金融事故扱いになるケースは何かというと、それが「現在返済中の借金について過払い請求をする」というケースです。


もちろん払いすぎたお金を返してもらうのは正当な権利であるということは変わらないのですが、この手続きの中では契約の内容の見直しと変更が含まれるため事実上の任意整理として扱われてしまうのです。



任意整理の情報は5年ほど信用情報に記録されることになりますから、少なくとも5年間はブラックリスト入りをしてしまうということになります。
ですので現在返済中の借金について手続きを行うということであれば少し慎重に考えてから判断するようにしましょう。

金融について思うこと

subpage01

トイチとは、10日で1割の利息がつくことです。100万円借りたら10日後には110万円になり、20日後には121万円になります。...

more

過払い金関係の情報

subpage02

過払い金請求でよく問題にされるのが時効についてです。この場合の時効とは、最終の取引日から10年が経過した場合に効力を発揮することになります。...

more

初心者向き過払い金

subpage03

借金をした場合にはそのお金に対して手数料として金利を支払う必要があります。金利には法律で定められた利率があり、その利率を超える金利は過払い金という扱いになります。...

more

過払い金について情報

subpage04

最近、テレビのCMなどでもよく耳にするようになった「過払い金」ですが、一体どのようなものなのでしょうか?過払い金とは、文字通り、余分に払いすぎた金銭のことを言いますが、なかでも問題となっているのは、消費者金融会社やサラ金などで、利息制限法の定める利率を超える高い利息の借り入れをした人が、法律上では、返済は既に終わっているはずにも関わらず、返済し続けたため払い過ぎてしまうことです。過払い金の時効は10年となっており、10年過ぎると、払い戻し請求はできなくなってしまいます。...

more