過払い金の請求方法とは?

subpage01

最近、テレビのCMなどでもよく耳にするようになった「過払い金」ですが、一体どのようなものなのでしょうか?過払い金とは、文字通り、余分に払いすぎた金銭のことを言いますが、なかでも問題となっているのは、消費者金融会社やサラ金などで、利息制限法の定める利率を超える高い利息の借り入れをした人が、法律上では、返済は既に終わっているはずにも関わらず、返済し続けたため払い過ぎてしまうことです。

過払い金の時効は10年となっており、10年過ぎると、払い戻し請求はできなくなってしまいます。



借入期間が5年以上で、金利が18%を超える方は,過払い金が発生している可能性が非常に高いと言われています。

そのような場合には、法律事務所に相談をして過払い金請求をしてもらえるように相談をしてみましょう。

ビジネスジャーナルに注目が集まっています。

請求をする際には、契約書や取引履歴がないという方も可能ですので、まずは専門家に相談をするのが1番です。

このサイトで過払い請求情報について詳しく解説しております。

でも、弁護士や法律事務所に相談すると、高額な料金を請求されるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、相談料は無料ですし、費用は返還されたお金から支払うようになっていますので、安心です。
ご自身で請求することも不可能ではありませんが、時間や手間がかかるうえに、家族に借金していたことが知られてしまう可能性もあります。


また、専門家ではないため、不当に低額の和解金額を提示されても解らないというデメリットがあります。多少の費用は支払っても、専門家に依頼する方が安全でスムーズに解決するでしょう。